MENU

体がムズムズして眠れない状態を自分で改善しよう

寝ようとすると脚や背中などがムズムズする、それによって眠れないという人は決して珍しい症状ではなく、多くの人が悩んでいます。特に体の中でも足にその症状が出やすいので、ムズムズ脚症候群と呼ばれる事もあります。その症状の感じ方は人によって違いますが、人によっては体の表面を虫が張っている様な感じがしたり、重症になるとかゆいだけでなく痛みを感じる事もあります。

 

勿論そこで眠れないからイライラして我慢できずにムズムズする体を掻いてしまうと状態は悪化するので注意が必要です。原因として考えられる物の一つがストレスです。その為、まずは生活の質を向上させる事、そして適度にストレスを発散させる事などが必要となります。

 

また脳のドーパミンが正常に働いていないという事も原因として考えられています。ドーパミンと聞くと病院に行かないと根本的な改善は出来ないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際にはそうであありません。自宅で自分自身で何とかする事は決して不可能ではないのです。
まずは前述した様にストレスの発散、またドーパミンと言う点から鉄分を摂取する事も必要となります。

 

ただ鉄分だけでは良くないので、バランスの良い食生活を心掛けましょう。またアルコールやカフェインの摂取を避ける事も重要なので、ムズムズしているという人は食生活を改善する事が重要です。

 

さらにマッサージやストレッチなどを行い、血行を良くする事も重要で、それを行う事によって眠れないという悩みも軽減していきます。
体に関しては自分で改善を図る事は決して不可能ではないので、眠れないけれど病院に行く時間がないという人もその症状を放置するのではなく、自分が出来る所から始めましょう。