MENU

眠れない体の症状はムズムズ脚症候群です

夜、眠れない日々が続きずっと脚を動かしたいような脚に不快感があるような症状はムズムズ脚症候群ということになります。時には脚だけではなく体のあちこちに現れて、集中力が落ち倦怠感が強くなります。

 

体温が低下した夜にこれらの症状が起こることが多く、そのことが災いして眠れない日々が続くような睡眠障害の一つです。病院で診断を受ける時は睡眠障害を扱う分野や精神科になります。日本では一割未満ほどがこのムズムズ脚症候群になっています。

 

主な原因は鉄分が不足していることが原因の一つで腎臓を悪くしている影響で起こる症例があります。他の病気が原因していたり、他の睡眠障害が合併症になりうる症例があるので注意が必要です。

 

このムズムズ脚症候群の症状では脚や体の内部から不快感を生じて、痛みやほてりと感じることが多く、なんともいえないような感覚に悩まされます。対処法にはゆったりとリラックスしたよりよい質のいい睡眠がとれるようにすると眠れないような体のムズムズとした状態をさけやすくなります。カフェインの摂りすぎなどはさけ鉄分不足になると貧血が起きやすいので、そのこと原因の一つだと言われています。

 

日中は症状は比較的ありませんが、長時間座り続ける状態でまた症状が出てきたり眠れないほどの症状でのあくる日には影響が出てしまい、またつらく感じるのが難点です。これらの原因には理由が特定されない遺伝性と思われる症例があり、あまりにつらい時は医師に相談して治療していくことになります。