MENU

体がムズムズして眠れないなら病院へ治療しにいきましょう!

夜、寝る際になんだか眠りにつけないなぁ…という経験はありますか?寝る前までにスマートフォンなどのタブレットをいじったりすると余計に睡眠が取りにくくなります。体がムズムズしてしまって、全然眠れない。目をつむるけれど何十分も何時間も眠れない。

 

日中に、よく動いているから睡眠が必要なはずなのに体が言う事を聞かない。そんな際は、迷わず病院へ行きましょう。不眠症かもしれないし、一度病院へ行くと自分の体と向き合える良いチャンスです。「眠る」事は人の三大欲求の一つでもあります。食欲、性欲につづいてとても大切な欲求です。それを満たすことは健康に過ごす上でなによりも必要でしょう。

 

「入眠障害」をご存知ですか?ベッドに入ってから眠りにつくまでを入眠といいますが、体がムズムズしてしまい、上手に眠れないでその時間が30分から1時間経っている人は入眠障害の可能性が高いです。その場合は治療が必要です。この障害はおもに精神的にストレスがたまっていたり、前述の通りにスマホをいじっていたり不規則な生活リズムが原因です。

 

寝る前にストレッチをしてみたり、お風呂にゆっくり使ってみたり寝る前のお酒をやめるなど、ムズムズして眠れないのを治す方法はいくつかあります。最近では、睡眠をコントロールする装置やスマホのアプリなども良く見ます。しかし、どの方法が自分に合うのか、それは素人にはとてもわかりません。そのためにも、寝る際に時間がかかる、ムズムズする、苦労をする方は早めに病院にいって治療をしてもらう事をお勧めします。よりよい生活の為にも、早めに治療をしましょう!