体がムズムズして眠れない原因のドーパミンの生成を促す改善方法

現在睡眠障害の原因としては、体の痛みや病気による苦しさ、心配事や興奮状態などの精神的なことが原因となるほか、睡眠時無呼吸症候群が治療対象になったり、ムズムズ脚症候群も原因の一つとして考えられるようになりました。その「ムズムズ脚症候群」とはどのような症状でどのようにな改善方法があるのでしょうか。

 

「ムズムズ」といっても感じ方は人によって様々で、小さな虫が這っているような感じがする、体の中がかゆい感じ、針で刺されたような感じ、体を動かさるを得られない感じ、しびれる感じなど様々ですが、それによって眠れない状態に陥ってしまうのは確実なことです。そして脚だけでなく体のいろいろなところに症状が起こり得るのです。

 

夜寝ようと思って布団に入ったらこれらの不快な症状を感じてしまって眠れないと翌日の活動にも影響が出てしまいます。そしてこのような症状を訴える人は少なくないにもかかわらず、はっきりした原因はまだ解明されていませんが、脳に原因があるのではないかといわれています。そのひとつにドーパミンが不足しているという説があります。ドーパミンとは神経伝達物質のことで、チロシンといわれる栄養素に由来するドーパから生成されます。ドーパミンの分泌量が不足すると筋肉の緊張が異常になったり、異常な感覚が出てきます。さらに不足するとパーキンソン病を患ってしまうこともあります。

 

二つ目は中枢神経での鉄不足が考えられています。鉄はドーパミンの生成に必要なチロシンの補酵素の役割をしているものなので、逆にいえば鉄分が不足するとドーパミンの生成が減少するということです。

 

このようなことから病院に行けば、ドーパミンを受け取る受容体を刺激する薬や鉄分を補給する薬を処方してもらって治療を進めることになりますが、自分でできるムズムズ改善方法となると、チロシンや鉄分の補給をすることです。

 

チロシンは大豆製品、米、果物、野菜などに多く含まれています。また鉄分は鳥や豚、牛などのレバーや、牛モモ肉、アサリやシジミなどの貝類、大豆製品や海藻類などに含まれて、レモンなどビタミンCを一緒に摂ればさらに吸収がよくなります。毎日の食品にそれらの食材を取り入れるとよいでしょう。

 

このような改善方法を試してみて、それでもムズムズがよくならなくて眠れない日が続くようなら、病院に行って治療を行う方が良いでしょう。眠りたいのに眠れないのはとてもつらいものです。眠れない原因が分かっているなら取り除くことが大切です。

 

おすすめのかきむしり防止サプリはこちら >>